FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

と言っても、時差があるのでアイルランドはまだ12月31日なんですけどね(苦笑)

日本はお正月ですが、こちらでは1月6日までが「クリスマス期間」です。
なので、クリスマス・ツリーなどの飾りは各家庭の家の中や街中そのままで、1月6日に片付けられるんです。

でも12月24~28日までエィちゃんの実家のGalwayにいたので、我家は特にクリスマスの飾りをしなかたったので、いつもと変わりなく・・・。
あ、でもポインセチアはあるので、そこだけちょっとクリスマスっぽいです。

Galwayでのクリスマスを少々ご報告。

その前に・・・。
24日イブのお昼頃に出発するつもりで、エィちゃんは荷物を車に運び込もうと先にエレベーターで地下駐車場まで降りていきました。
「戻ってくるの遅いなぁ」って思ってると、何やらエレベーター・ホールから変な機械音がっ!
「えっ、もしかして!」とエィちゃんの名前を呼ぶと、「エレベーターが壊れて動かないぃ~」と階下からの返答・・・。
中に閉じ込められてしまった!
中の非常ボタンを押しても、(やっぱり当然?!)誰も応答なし・・・。
アパートメントの玄関ホールに管理会社の電話番号があったのを思い出して、あわてて電話しました。
クリスマス・イブだしもう誰も事務所にいないんじゃないかと思ったけど、すぐに女性が出てくれて対応してくれました。
幸い、エレベーターの修理のおじさんからもすぐに連絡が入り、中から簡単に手で開けて出られることが判明!
「助かった!」

これでも、一人でエィちゃん先に行ってもらって良かったよぉ。
携帯電話ってエレベーターの中で通じないのよ。
閉じ込められたとわかってすぐに私の携帯に電話しようとしたけど、ダメだったらしい。
もし私達二人とも乗ったままだったら?!
もし、もう少し遅くて、クリスマス休暇に入って事務所に誰もいなかったら?!
二人でエレベーターの中でクリスマスを過ごすことになってたかも!(爆笑)

その後すぐに出かけたので、修理のおじさんがどこまでやったのかは定かではないけど、28日に戻ってきたらまだ故障のまま。
もちろんいまだに・・・(苦笑)
そう言えば、去年の今頃もこのエレベーター壊れたんだよ!
12月27日に日本に行くのに重たいスーツケースを、よっこらよっこら3階から地下1階まで運んで、エィちゃんが1月10日頃に先に戻ってきた時もまだ壊れてたらしい・・・。

まぁ、そんなこんなの、良いスタートを切った今年のクリスマス!
送信者 blog

Co.Galway, Corofinまでの道はすいていて無事に到着!
私の体調を気遣って、義母さんは新しく電器毛布を買って、いつでも私が横になれるように準備をして迎えてくれました。

地元の教会でのクリスマス・イブのミサに参列。
神父さんの言ってることはよく聞こえないながらも、人類平和だとか家族や友人、隣人を大切にとか、そういうことはキリスト教徒でなくても肯けることだし、1年を振り返っての出来事を思い返したりする時間としては、良い時間でした。

夜はお茶やちょっとお酒にチョコレートなんかの甘いものをちょっとつまみつつ、家族団欒。
そのうち私はソファーの上で眠くなり始めてきたら、兄弟妹達は楽器を取り出してきてファミリー・セッションが始まった!
1時間ほどやってお開き~♪
送信者 blog

25日クリスマスの朝は私はゆっくりさせてもらったけど、皆はクリスマス・ミサへ行きました。
そして午後になるとキッチンからだんだんと良い匂いが~♪
私はお料理のお手伝いはさせてもらえない!ので、テーブル・セッティングとか。

スターターにブリ・チーズと薄いハムとクランベリー・ソースが挟まった、なんかワッフルに近いような食感のもの(名前聞くの忘れた)
送信者 Blog2

そして大きくて豪華なターキー!!!周りに貼り付いてるのは薄切りベーコンです。
送信者 Blog2

一時お騒がせしたアイルランドのハムも、クリスマスには欠かせない料理の一つ!
そして沢山の野菜にたっぷりのグレービー(ソース)は必須ですっ。
送信者 Blog2

もちろんデザートも義母さんの手作りのクリスマス・プディング。
最初はお腹がいっぱいで、あまり食べれないと思って少しだけ取り分けてもらったけど、
食べてみたら甘さ控えめですごく美味しい~っ!
おかわりしちゃいましたっ!

あ~、美味しかった!

その後はクリスマス・プレゼントの皆で開けました!
皆からいろいろな物をもらったけど、一番嬉しかったのが義母さんからもらった豪華スパ・リゾートホテルのペア招待券!
義母さんは以前にそこに行ったことがあって、すごく良かったらしい。
「手術とかいろいろ大変だったけど、よく頑張ったから、そのくらいの贅沢して当然よ!」って言ってくれました。
義母さんの心遣いは本当に嬉しいです。
退院の時もすっごくきれいで大きな花束を贈ってくれました。
本当に感謝です。

その後、夜も食べ続け・・・。
兄弟妹達はもちろんまたセッション。
そんなこんなでクリスマスの夜は過ぎていきました・・・。

エィちゃんの家族皆優しくて、すごく良くしてもらってます。
一緒に楽しい時間を過ごせて嬉しいなぁ、と思うと同時に大阪の実家の家族が恋しくなるぅ~っ!
去年の年末年始、今頃はエィちゃんも一緒に大阪にいたのになぁ・・・。
でも、今回はまだ甲状腺の治療の途中だし、しょうがない。
治療が終わって体調も落ち着くはずの春には、ゆっくりちょっと長めの里帰りをするつもりっ。

2008年は結婚&身体のことでバタバタした1年だったけど、2009年はもうちょっと落ち着いて、これからの生活の基盤をしっかりと二人で築いていけるといいな。
個人的には、体調管理と私達二人の身体に良い生活!
自分でしっかり料理とか家庭菜園に挑戦でっす!
あと楽器の練習の時間も作って、もっと楽しみながらやれるようになるぞ~♪

そういうわけで、2009年も皆さんどうぞ宜しくお願いします!

PS くだらないこと書いてるブログですが、皆さんコメントなどお気軽にどうぞ~。
スポンサーサイト

テーマ : アイルランド生活
ジャンル : 海外情報

クリスマス・キャロル・サービス

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へにほんブログ村 音楽ブログへ

お隣の町Maynooth(メヌース)にあるSt.Patrick's CollegeとNUI Maynoothの合同による毎年恒例のクリスマス・キャロル・サービスに行ってきました。

内容のお話しをする前にまず、St.Patrick's Collegeのことを少し。
送信者 blog

歴史は1795年までさかのぼります。
Maynoothの町自体、歴史があって1200年代半ばまでに建てられたお城跡もあって、そのそばに建てられたこのカレッジも、歴史のあるとても良いたたずまいです。
敷地内を散策していると、ちょっとタイムスリップしたような感覚にもなりますよ。
送信者 blog

で、このカレッジはアイルランド国内唯一のカソリックの神学校です。
神父さんになろうとしいる人達が勉強しています。
送信者 blog

このカレッジ内にあるチャペルがすっごく綺麗なんですよ~!
送信者 blog

壁に書かれたキリストにまつわるお話しの絵に
送信者 Blog2

天井には天使達がいっぱい!
送信者 Blog2

送信者 Blog2


その素敵なチャペルの中で行われるクリスマス・キャロル・サービス。
神学校の生徒さん達、NUI Maynoothの音楽学部で声楽をやっている生徒さん達や合唱サークルの人達による、素晴らしい歌を楽しむことができました。
そしてもちろん一般参列者の私達も「きよしこの夜」などのクリスマス・ソングを一緒に歌いました。

特に印象に残っているのは、声楽専攻の生徒さん達の中でもトップクラス(エィちゃん曰く)の女の子7名によるグレゴリオ聖歌
こんな感じです↓


とっても綺麗な声で、一寸の狂いもない見事な合唱。
聖歌の中でも一番古いタイプだそうです。
旋律も独特で、現代よく耳にする聖歌とは全然違う雰囲気です。
おそらくラテン語なので、何を歌っているのかはさっぱりわかりませんでしたが、この音楽は宗教や人種など関係なく、人間の心を落ち着かせる不思議な力があるのかなぁ、なんて感じました。

もう一つ印象に残っているのは合唱サークルによる「O Holy Night」
クリスマス・シーズンになるといろんな歌手がテレビなんかで歌うので、聴いたことある人は多いと思います。
Charlotte Churchバージョンを選んでみました↓


この曲はこのキャロル・サービスでも定番になってるようで、私の知ってる限り毎年歌われてます。
実は去年のがイマイチだった記憶があったので、「今年はどうかな~」なんて思ってたのです。
でも今年は良かったです!全体のハーモニーはもちろん、ソロを務めたお二人も!
最初にソロで歌った女性の声は、澄んだ美しい響きの中にも芯の強さも感じられて、もちろん音程も音量も安定してて、聴いていてとても素晴らしい気持ちになりました。
そして後半のソロをやったエィちゃんの生徒でもあるA君。アイリッシュ・トラッドも好きでティン・ホイッスルでエィちゃんがやっているパフォーマンスのクラスも取っている彼。
なんと声楽のトレーニングをちゃんと受けるようになったのは大学に入ってからのこの1,2年だとか!
そんな中での大抜擢!
確かに「まだ経験が浅いのかな」というのは聴いていてわかったけど、「磨かれる前のダイアモンドの原石」っていう感じって、こういうのなんだな、って思いました!
声質はまだちょっと荒削りな感じだけど、力強くて深みがありました。
実は彼は盲目なんです。
勉強や歌詞を曲を覚えるのは点字もあるんだろうけど、もちろんほとんど耳からだけだろうし、指揮者も見えないし、あんなに大勢の人の前で一人で歌ってる自分の姿もきっと想像できないのかも知れない・・・。
でも、彼がソロパートを終えた数秒後に、彼の満足そうな素敵な笑顔を見ちゃった!

やっぱり人間のパワーってすごいなぁ。
音楽ってホントにいいなぁ。

ってつくづく感じました!

今現在でもアイルランドには敬虔のカソリック信者が多いけど、若い世代の殆どの人達は日本と同じで、宗教にかかわるのは冠婚葬祭だけって感じです。
ちまたではクリスマス商法にクリスマス・ショッピング・・・。
ちょっと本来の「キリスト様のお誕生を祝う会」というのを垣間見ることができる、貴重な時間でした。

テーマ : アイルランド生活
ジャンル : 海外情報

アイルランドの豚肉が!

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ

アイルランド産の豚肉の一部にダイオキシンに汚染されたものがある、と昨夜のニュースで発表されました。

Irish Times Breaking News

ITN News


一部の養豚農家で使われた餌に、ダイオキシンがなんらかの方法で誤って混入されてしまった可能性が高いとか。
今朝のニュースでも何度も流れてますが、いろんな話しが飛び交ってる状態で、まだはっきりとしたことは特定されてないみたい。
一応ニュースでは、お店に出ている商品はすべて回収、各家庭の冷蔵庫にあるものはすべて処分して下さい、とのこと。

発見された量のダイオキシンは決められたレベルをはるかに超えるものだけど、それを今日食べたからと言って、突然身体に害を与えるレベルではないそうです。
ヘビースモーカーで毎日晩酌することに比べたら、ぜんぜん大丈夫だとか。
それに今年9月1日以降に出回った豚肉や豚肉製品が対象になってるけど、3ヶ月でしょ?!
みんな食べてるよ~。
私もこのあいだトンカツ作ったばかり!

しかも私達、今朝しっかりと食べましたよぉ、豚肉製品。
ラッシャー(ベーコン)、ソーセージ、プディング!
昨日のニュースを聞く2時間前に、スーパーで「明日の朝食は久々にフル・ブレックファーストをしよぉ!」って買ったばかり。
ニュースを聞いてすぐにパッケージを見たら、どれもUKかEU産って書いてあったし、「一昨日の朝、知らずに食べたのと、明日の朝に食べても別に変わらないじゃないの?!」っていう私とエィちゃんの意見が一致したわけです。
今朝、二人でニュースを聞きながらアイリッシュ・ブレックファーストを「ん~、美味しいねぇ」って言いながら食べてました(笑)

「食べたからって人間の身体に害が出る量ではない、って言いながら、食べるなってどういうこと?」
なんて言ってエィちゃんはぼやいてますが、
でも、一応決められたレベルよりも高いものが発見されたからには公表して、原因を特定して安全が確認されるまで販売を中止をしなきゃいけないんだろうな。
「こんな時期に!クリスマス・ディナーの主役の一つでもあるハムはどうなるの?!」って思ったけど、
おそらく今週の後半には解決して、豚肉製品の販売も始まるだろう、とのことです。

今朝、近所のスーパーに行ったら、棚からすべての豚肉製品が消えてました!
でも、まだうちの冷蔵庫には残りの豚肉製品、残ってます~。

テーマ : アイルランド生活
ジャンル : 海外情報

アイルランドの風景

プロフィール
アイルランド在住のkazです
FC2カウンター
ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 内分泌・ホルモンの病気へにほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ にほんブログ村 音楽ブログ 民族音楽・民族楽器へにほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
Dublin
送信者 blog
送信者 blog
送信者 blog
送信者 blog
送信者 blog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
アクセス解析
よかったら一言どうぞ(承認制)
アイルランド天気予報
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。