スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲状腺 10 再手術後

甲状腺 9 再手術の続きです~。

今回もナースの「Kaz ウェイク・アァ~ップ!」の声で目が覚めました。
気持ち良いから、もっと寝かせておいて欲しいのにっ(苦笑)
目を開けても、やっぱり視界は「ぼわぁ~」としてて、頭は「ふわふわ」、
身体は「どし~ん」と重い。
「気持ち悪くない?痛くない?」と聞いてくれるけど、もちろん声は出ないので、
「大丈夫」っていうのを伝えるために、笑顔を作って親指立てて「OK」のサイン。
何時なのか気になって、声のない囁くような感じで「What time is it now?」と・・・。
午後3時過ぎだったと思います。
約2時間の手術だったのかな?!
エィちゃんが来てくれる時間はまだ先だったので、ちょっとがっかり・・・。

病室に戻ってきた時は、移動用のベッドから病室のベッドへ移るのも自力でやらな
きゃいけなかったし、トイレも点滴が終わってから「はい、自分で行けるでしょ」
って感じ。
もし、これが日本の病院だったら、至れり尽くせりでもっと大事に世話をしてくれる
のかなぁ、なんておもいつつ、体験をした人のブログ等で見た限り、ドレーンや
尿管等の管に繋がれてるのは結構辛いらしいので、
やっぱり、ここアイルランドで手術受けて良かったかなぁ~、なんて(苦笑)

痛み止めが効いているので、そんなに苦痛ではなかったけど、
それより辛いのが、前夜から続いている「絶食」。
(ちなみに、英語で絶食は"Fasting)"
前回は、夕方に手術が終わって翌日朝まで絶食で、水分も唇や舌を潤す程度しか
与えられなくて、すごく辛かったのです。
手術直後から最初の数時間は30分おきで血圧や脈のチェックにナースがやってきます。
駄目もとで「のど渇いたよ~」って訴えると、「ちょっとまっててね。もういいのか確認してくるわ」と
ちょっと期待をしてしまう返事!
でも、「どうせぬか喜びになるだろな」って思って待ってたら、「いいわよ~。お腹もすいてるでしょ?! サンドイッチと紅茶でいい?」って!!!
まだ麻酔から目覚めて2時間くらいしか経ってないし、前回とはすごい対応の違いで「水はまだしもホントに食べて大丈夫なの?」と内心思ったけど、空腹には勝てず・・・。
普段じゃ味気なくて食べる気もしない「ハムサンド」(ホントにバターとハムだけ!) がすごく美味しく感じて、ペロっと食べちゃいました!
もちろん、もうすぐ面会にやってくるエィちゃんの携帯に速攻メッセージ!
バナナやヨーグルトなど、飲み込みやすい食べ物を持ってきてもらうようにお願いしました。
あ、もちろん気持ち悪くなったりはなかったですよ。
(しかし、前回あんなに辛い思いをしたのは、何だったんだ?!)

食べて満足して、エィちゃんがやってきて、ふと気付いたのが・・・・。
「声でるやん!」
もちろん違和感があったりはしたけど、どうやら前回の手術直後に比べると声はけっこう出ている。
エィちゃんも「うるさい嫁さんが、しばらく静かになると思って喜んでたのに!」なんてヒドイ冗談を言うくらい(苦笑)

その後、執刀に立ち会った若い女性外科医師が様子を見に来てくれました。
今回の縫合は前回の医療法ボンドだけではなく、数週間後には溶けてなくなるタイプの糸を使って縫ってくれたようです。
なので、後日の抜糸の必要はないし、痕も残りにくいらしいです。
切開の幅は、今回の右葉を取るためなのか、前回よりほんの少し(たぶん1cmもないかな?)、
右方向に長くなってました。
それでも結果的には5cmくらいで、最小でやってくれたと思います。
感謝!

術後数日間は、首を伸ばすと手術したところに良くないので、普通に身体を横にして寝ることができません。上半身を起こしたままとても寝づらい体勢で、だんだんお尻がヒリヒリしてくるけど、
まだ麻酔が身体に残っているからか、けっこう眠れました。

翌朝も早くからお薬と採血で起こされました。
採血は甲状腺ホルモン値のチェックはもちろん、カルシュウム・レベルのチェックが大切なんだそうです。
と、いうのは甲状腺のすぐそばにある「副甲状腺」をチェックするため。
大きさは米粒ほどしかなくて、人によっては甲状腺にくっつくようにしてあるために、甲状腺摘出手術の際に、どうしても一緒に取れてしまう場合があるそうです。
「副甲状腺ホルモン」は体内のカルシウム・レベルを一定に保つ役割をしているので、
もし血液検査でカルシウム・レベルに問題があると、「副甲状腺も取れてしまった」ということになるわけです。
幸い、私の副甲状腺は私の体内にちゃんと残ってくれてたみたいです。

麻酔の気だるさからも覚めて、朝食の後は髪を洗いました。
その後は内分泌科と外科の医師達が様子を見に来てくれましたが、
別に診察というよりは「どう?どんな調子?って言う雑談程度。
「血液検査の結果も問題ないし、明日には家に帰れるよ」って嬉しい言葉!
それを聞いてさらに元気が出てきて、午後からは、ベッドの上にいるのが退屈で退屈で・・・。
大きな病院の散策に出かけました!
と言っても「ロ」型に建てられてる病院の廊下を歩くだけ。
「色んな人がいるな~」なんて、吹き抜けロビーの2階から、入院患者や病院
スタッフ、お見舞いや外来で行き来する人達をウォッチング。
入院中、アジア系の入院患者は見かけなかったなぁ。
でも、研修医やナース、ヘルパーさん達の中には、何人かアジア系の顔も・・・。
ヘルパーや配膳スタッフの中には若い中国人の子達もいて、私の姿を見つけて
興味深げに「じ~っ」と見つめられ(苦笑)
そんなに珍しいか?
そう言えば、配膳の(おそらく)中国人の女の子は、頼みもしてないのに無言で
デザートのアイスクリームとゼリーを持ってきてくれて、無言で去っていった・・・。

ちょっと余談ですが、
この国で暮らすようになって、中国の人達と一緒に仕事をしたり、と交流することもあったけど、
中国の人達って「仲間意識」が強いように思うのです。
私が中国人なのか日本人なのか、彼女は知らなかったと思うけど、
前回の手術で大部屋にいた時も、皆のいる前で無言で部屋に入ってきて私にだけ、
私のテーブルに「ぽんっ!」とデザートを置いてったんですよね~。
しかも無言に加え、無表情・・・。
私はもちろん、同室の他の患者さん達も「へ?」ってちょっとびっくりしてました(苦笑)

再手術の入院中に印象に残ってるのは、このくらいです。
あとは、ほぼ前回と同じ・・・。
退院は土曜日の朝の血液検査の結果を待って異常なしだったので、
予定通り、土曜日の午後。
水曜の夕方に入院、木曜のお昼に手術、金曜日は1日様子を診て、土曜の午後に退院。
3泊の最短でした!

読んだ後は
ぽちっと一つ、お願いします。
    ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 内分泌・ホルモンの病気へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : アイルランド生活
ジャンル : 海外情報

コメント

術後

甲状腺の手術って日本でも短いと聞いていましたが
3泊で退院までしちゃうなんて・・・・
結果良好でホントよかったですね。。。
傷跡のこともちゃんと考えてくれたみたいですし
今の縫合糸って自然に解けちゃう?みたいで抜糸がないのは
助かりますよね。。。

中国人が仲間意識があるという点は同感ですね
私がIREで出会った中国人もそうでした。
そして・・・よく中国人に間違えられた私
今思えば仲間意識のおかげで親しくなれたのかな(笑)なんて。

経過が良好でホントよかったですね^^

baileys3さん

そうなんですよ~。
日本だと短くて1週間くらいみたいですね。
やっぱりアイルランドは「ベッド不足」っていうのがあるから、
とっとと帰らされる(苦笑)。
ちなみに、出産後の健康体のお母さん達は2日ぐらいで退院するらしいですよぉ。

baileys3さんも中国人に関しては同感なんですね!
仲間意識が強い分、もし敵にまわすようなことがあったら、
怖そうですけどね(苦笑)

こんにちは

中国人が仲間意識が強いというのは私もそう思います。
行きつけの中華料理屋の店員はいつも無表情だけど、私には笑顔です。
私の事、日本人って知ってますが、同じアジア人として優しくしてくれます。
住んでる町にあまりアジア人を見ないので、アジア人同士すれ違った時はガン見されます(笑)

この間、世界遺産についての記事、コメントさせて貰ったんですけど、URL残してなかったですね!
あと、私のブログのリンクにkazさんのブログ追加させて貰ってもいいですか???

Tomokoさん

そう言えば、先日日本人の友人3人で中華料理屋さんに飲茶を食べに行ったら、
何も言わず15%引きにしてくれました!
美味しかったし、サービスも良かったし、さらに割引だなんて!

リンク、ぜひぜひお願いします!
Tomokoさんのブログもこちらにリンクさせて頂きますね!
Secret

アイルランドの風景

プロフィール
アイルランド在住のkazです
FC2カウンター
ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 内分泌・ホルモンの病気へにほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ にほんブログ村 音楽ブログ 民族音楽・民族楽器へにほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
Dublin
送信者 blog
送信者 blog
送信者 blog
送信者 blog
送信者 blog
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
アクセス解析
よかったら一言どうぞ(承認制)
アイルランド天気予報
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。